JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

ポジターノの街に着きました。

坂道の街です。

階段を登って大聖堂を見下ろせる場所へ。

 

 

 

 

う〜ん、この景色もいいけど

私が見たいのは反対側の

丸いマヨルカ焼き屋根の教会越しに見える

ポジターノの崖です。

 

お土産を買ったお店で

その写真を見せて道順を教えてもらいました。

・・・すると・・どこからともなくねこちゃんがやってきて・・・

こちらへ着いておいで・・・とでも言うように

とことこ歩いていきます

 

 

 

 

 

 

・・・と突然ヒョイッと花壇の上に乗って

 

 

 

 

カメラ撮るならお花お花をバックにここがいいよ

・・・って教えてくれてるの?

 

 

 

 

 

触っても怒りません笑顔ハート

 

 

 

 

 

何てプロ意識高いねこちゃんなんだ矢印上

 

 

 

 

 

ポジターノのフォトジェニックねこちゃん

 

 

 

 

 

おや・・・?

近くの花壇にもねこちゃんがいました。

飼ってるのと同じ茶トラねこ

 

 

 

 

 

 

こちらもフォトジェニックねこと言えなくもないですが・・

 

 

 

 

 

おもむろに花壇を降りて・・・・

撮影会もう終わり?

どっか行っちゃうの?

 

 

 

 

 

・・・かと思ったら

撫でて〜と言わんばかりに近寄ってきて・・・

 

 

 

 

ゴロ〜ン笑顔

ねこハートねこ

え〜こんなところで〜

 

 

 

 

 

首輪してるので飼い猫ねこちゃんですね

行きずりの観光客におなか見せちゃって

やっぱりイタリアでも茶トラは人懐っこいのかな

 

 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

ラヴェッロ滞在2時間を終え

ふたたび専用車に戻り7厠イ譴

アマルフィへ向かいました

 

狭い山道を走ります

観光バスも走っています

行き違えないほど狭いので

対面通行の信号が設置されていました

 

 

 

 

 

 

 

海岸まで降りるとそこからは大渋滞でした。

この日5月1日はメーデーで祝日。

崖〜トンネル〜海・・・そして渋滞、

鎌倉湘南を思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやくアマルフィに入りました。

ラヴェッロを12時に出て着いたのは午後1時。

7kmの道に1時間かかりました。

 

 

 

 

 

 

専用車のイケメンドライバーさんと別れ

今夜のホテルにチェックインします。

去年11月オフィシャルサイトから予約しました。

https://www.labussolahotel.it/the-hotel/

 

 

 

 

 

Sea Viewの部屋です。

床はタイルで可愛い雰囲気。

 

 

 

 

 

 

お天気イマイチだけど

ヨーロッパの人って日光浴大好きですね〜

もう水着なんですね〜

 

これからフェリーで20分のポジターノへ行ってきます。

ホテルから徒歩1〜2分で

フェリー乗り場です。

14時発のチケットを買いました。

次はフェリーの中で食べる昼食を調達しに行きます。

 

 

 

 

 

織田裕二主演の映画「アマルフィ〜女神の報酬」で

日本でも一躍有名になったアマルフィ。

 地球の歩き方〜ロケ地ガイド

http://www.arukikata.co.jp/movie/amalfi.html

 

街の中心に建つ大聖堂です。

アラブの香りがするこの建物を見て見たかった〜手

フェリーまでの時間がないので

戻ってきてからゆっくり訪れることにします。

 

 

 

 

 

プロシュートとモッツァレラチーズのパニーニを買い、

結構大きいのでふたりでシェアすることにしました。

 

 

 

 

アマルフィコーストのフェリーは

ウエブサイトから時刻表・料金まで調べることができます。

本当に便利な世の中になりました。

http://www.positano.com/en/ferry-schedule

 

カプリやソレント行きの船もここから出るので

たくさんの観光客が行列を作っています。

14時少し過ぎてポジターノ行き出航船です〜矢印上

 

 

 

 

 

青い幌に白い建物が私たちが泊まっているホテルです。

スーツケースを転がしながらの旅なので

アクセス第一で探しました。

街の中心へもすぐでとても便利でした。

 

 

 

青い空青い海が見たかったけど

雨降らなくてラッキー手

 

 

 

 

さっき買ったパニーニ

潮風を受けながら船ランチタイム

 

 

 

海岸線に沿って20分

ポジターノの街が見えてきました。

 

 

 

 

 

おぉ〜エクステンション

もう海開きしてますね〜矢印上

いざ上陸します。

昔はこうやって船船で見知らぬ土地へ足を踏み入れたのでしょうね。

 

 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

 

ナポリ市内を抜けて高速道路へ入ります。

2016〜17年のシチリアをレンタカーで旅した時

私たちが走った高速道路は無料でしたが、

ここは結構大きな料金所です。

TELEPASSというのは日本のETCカードみたいなものかな?

CARTEはクレジットカード払い?

私たちのベンツはTELEPASSレーンを通過しました。

 

 

 

 

車窓から見えるベスビオ山。

遠くから眺めるのと少し印象が違います。

 

 

 

 

今日は何とかお天気がもちそうなので、

急遽ラヴェッロ経由でアマルフィへ送ってもらえないか、

メールで祝さんにリクエストしてみました。

急なリクエストでしたが変更してもらえました。

 

 

 

 

ナポリから55km

朝9時にナポリを出て

途中山道を登り

10時にラヴェッロに着きました。

ここで2時間のフリータイムです。

 

 

 

 

 

 

VILLA RUFOLO ヴィラ ルーフォロへ。

 

 

 

 

 

13~14世紀に建てられた貴族の別荘で、

毎年夏にはここでワグナー音楽祭が行われるそうです。

http://villarufolo.com/

 

 

 

 

 

池の中に・・・・?

 

 

 

 

 

近づいてみました。

アートなんでしょうね、きっと。

 

 

 

 

 

どことなくオリエンタルな雰囲気を感じます。

青い空、青い海・・・が見たかったなあ〜

でも雨でなくてよかった。

さすが晴れ男エクステンション

 

 

 

 

 

狭い上り坂をひたすら登ると

今度は

VILLA CIMBRONE ヴィラチンブローネです。

https://www.ravello.com/it/attrazioni/villa-cimbrone/

こちらも貴族の別荘。

 

 

 

 

 

藤棚って日本だけかと思ってました。

前のカップル・・・

きっとあの有名なテラスで

写真撮影するつもりかな?

 

 

 

 

 

 

やっぱり・・・ここでした。

ここからのアマルフィ海岸の写真を

私も雑誌で見て憧れてました。

 

 

 

 

 

 

でも実際にはこんなにすごい人で、

撮影は人気が少なくなってから。

 

 

 

 

 

 

街の中心へ戻る途中

ねこちゃんに遭遇

しかも・・・貴族の別荘にふさわしい気品にあふれた雰囲気王冠

 

 

 

 

 

石壁がよく似合ってます。

凛としたたたずまい。

思わず岩合さんになって・・・

いい子だね〜ハート

 

 

 

 

 

庭先にも・・・

毎日通る観光客を観察しているみたいです。

 

 

 

 

 

 

マヨルカ焼のお店の外に

色鮮やかなお皿が飾ってありました。

明日からは自分たちでスーツケースを転がして移動するので

買うのは諦めました。

 

 

 

 

 

 

 

ラヴェッロの街の中心まで戻ってきました。

DUOMOドゥォーモ(大聖堂)です。

https://www.ravello.com/attractions/duomo/

 

 

 

 

 

11世紀後半の建築で

中は白を基調にモザイクで装飾されています。

 

 

 

 

ドラゴンに人が飲み込まれています。

旧約聖書のヨナの寓話なんだそうです。

ひえ〜

 

 

 

 

ライオンさん重たそうに苦笑いしてませんか?

組体操思い出しました笑顔

 

 

 

 

 

 

 

ラヴェッロは夏のバカンスシーズンには

高級リゾート地として賑わうそうです。

冬場はほとんどのホテル、レストランがクローズ、

5月はまだ営業再開したばかりだったよう。

一年の半分だけの営業で

生活が成り立つ?なんてスゴイなあ。

 

 

 

 

どこからともなくねこちゃんが・・・

私たちには目もくれず

しっぽを立てたまま

テラス席の椅子の下へ歩いて行ってしまいました・・・

 

 

 

 

ラヴェッロ音楽シーズンの始まりを告げるポスター。

案内標識もマヨルカ焼きの陶器でできてました。

 

 

 

また車車に戻り

7km下ったアマルフィへ向かいます。

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

5月1日(火)ナポリの夜明けです。

西の空にはまだ月が残っています。

 

 

 

 

 

東の空が明るくなってベスビオ山も浮かび上がってきました。

朝焼けはお天気下り坂・・・は

イタリアも同じ・・・???

 

 

 

 

 

毎度おなじみ軍人天気予報の時間です。

イタリアでは天気予報は軍の管轄だそうで、

軍服姿の気象予報士?さんが出演します。

前回のイタリア旅行では女性の軍人さんでした。

 

 

 

 

心なしか哀しそうな顔をしているのは

この日メーデーで祝日なのに

南イタリア以外は雨の予報だからでしょうか。

ナポリより南は曇りの予報です。

アマルフィコーストは晴れでないといけません〜。

夫は晴れ男だから大丈夫だと言いますが、

さて?

 

 

 

 

天気予報をチェックしたので

朝ごはんを食べに行きました。

屋上で景色を見ながら食べる朝食が最高!と

事前情報を得ていたのですが、

残念ながらこの日は1階の会場でしたハートブレイク

 

 

 

 

ブッフェの中にシャンペンが冷えているのを発見矢印上

窓の向こうに見えるベスビオ山を見ながら

朝からシャンペン

朝シャン笑顔手

人生で一番贅沢な朝でした。

 

 

 

 

 

ランニングしている人がいます。

気持ちいいんだろうな〜

夫が「シューズ持ってくればよかった」

本当??

 

 

 

 

 

生まれて初めて食べた

コーヒー味のヨーグルト

美味しかった〜

日本にないのが不思議なくらい

 

 

 

 

 

 

食後はホテルの前を散歩しました。

ランニングや自転車に乗っている人が

結構いました。

 

 

 

 

 

青い車はパトカーです。

朝早くから付近をパトロールしています。

ホテルのあるサンタルチア地区は観光エリアなので

治安に気を配っているようです。

 

 

 

 

最終日にまたこのホテルに戻るので

スーツケースをひとつ預かってもらって

チェックアウトしました。

 

今日はラヴェッロ〜アマルフィへと移動します。

ホテルからタクシーでナポリ駅→電車でサレルノ→フェリーでアマルフィ

というプランも考えましたが、

半分の時間で移動ができて荷物の心配のない専用車を

日本で予約して来ました。

お世話になったのはナポリ在住の

祝みやこさんが経営されているpiazzaitaliaさん。

https://www.piazzaitalia.info/

 

朝9時ホテル前

ベンツがお迎えに来てくれました。

若いイケメンのドライバーさん。

至近距離で自分の名前を名乗り、

はじめまして&握手

わ〜いさすがイタリア男笑顔ハート

 

 

 

 

 

まつ毛が長くてフッサフサ〜笑顔ハート

うらやまぴ〜笑

私をアマルフィへ連れてって〜矢印上

あ、私たちを・・・だった・・・

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

夕暮れのナポリ湾とベスビオ山です。

穏やかな時間が流れています。

旅行前の心労がほどけていくのがわかります。

25000歩の疲れなど何のその矢印上

 

 

 

 

 

 

ホテルに戻ります。

お昼が遅かったので夕食は要らないね、と意見が一致。

夜になってから付近を散策することにしました。

 

 

 

 

 

部屋に戻ってみると

テーブルの上に小さな紙の箱が置いてありました。

はて???

 

 

 

 

 

何とナポリ名物スイーツのプレゼントでした。

貝殻型のスフォリアテッラ(左)、右は名称不明。

パイ生地を重ねた中にリコッタチーズが入っています。

 

パリパリサクサク・・・美味しい〜笑顔手

 

 

 

 

 

 

ホテルの道路をへだてた向かい側に行きました。

旅の最終日またこのホテルに戻って来る予定です。

その日がちょうど私の誕生日なので、

夕食の予約をしにレストランへ。

 

 

 

 

夫が「妻の誕生日」と言って予約してくれました。

わくわく〜楽しみ〜。

 

 

 

 

 

辺りはヨットハーバーになっています。

湾を囲むようにレストランやカフェが並んでいます。

 

 

 

 

入場時間を過ぎてしまったので外から眺めただけの

卵城。

卵の形をしている訳ではなく、

城の基礎に卵が埋め込まれ、

卵が壊れる時街も壊れるだろう、という伝説から、

名づけられたそうです。

お城というか要塞です。

 

 

 

 

夜9時頃のサンタルチア地区、

クルーズ船からの観光客が大勢歩いています。

レストランに続々と入っていきます。

ナポリ観光で潤っているのかな。

それにしてもヨーロッパの夕食は遅い時間からスタートなので、

時差ボケ&歩き疲れた私たちはすっかりオネム眠いの時間。

 

 

 

 

 

 

この日は満月月でした。

言葉にならないほどの感動でした。

うっすらとベスビオ山も黒い影になっています。

もっと綺麗にカメラ撮れたらよかったなあ。

 

 

 

 

明日はスーツケース1個をホテルに預かってもらい、

アマルフィ海岸へと移動します。

どうか雨になりませんように。

 


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • カミングアウト
    beco
  • カミングアウト
    Kaze
  • 保護猫譲渡会
    beco
  • 保護猫譲渡会
    koyoka
  • 針と糸
    beco
  • 針と糸
    Kaze
  • 京都のねこ歩き
    beco
  • 梅は咲いたか桜はまだかいな(2)
    beco
  • 梅は咲いたか桜はまだかいな(2)
    Kaze
  • 京都のねこ歩き
    Kaze

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM