母の介護保険再申請のために

主治医の意見書が必要

でも特に持病のない母は主治医とよべる方がいない

それでは介護保険の認定ができないとのことで

ホームで紹介された開業医へ母を連れていきました。

 

近シーズン一番寒い朝

母のホームへ行ってみると

市の認定調査員さんが母と色々なやりとりをしていました。

ん?これから病院へ行く予定なんだけどな・・・

きいてないよ・・・

同席のケアマネさんも「今朝来て初めて知ったんです」と。

最近ホームの職員間の連携、家族との連携がうまくいってない気がします。

 

調査員さんが帰ったあと病院へ。

幸い優しいジェントルなドクターで

今後毎月一回ホームへ往診して

母の健康チェックをしてくれることになりました。

偶然にも息子の小中学校の同級生のお母さんが

受付で働いておられる医院で

「優しい先生でおススメ」と太鼓判!

ホッと一安心。

母は血圧117−70

心臓、おなかの音異常なし。

脚のむくみもなし。

体重は27キロだけど、細く長く・・・?

来年の誕生日で88歳!

3人きょうだいの兄も弟も元気で存命。

長寿遺伝子なんでしょうきっと。

私よりも長生きしないでね、とよく冗談で言ってたけど

私の方が血圧高いし、五十肩で腕上がらないし

不健康な気がする・・・。

でも母を残すことはできません。

健康第一!

 

 

 

 

 

友人にオーダーしたリースを

 

ドアに飾って

 

アドヴェントを過ごします。

 

今朝は久しぶりに

 

朝日を受けた海が輝いていました。

 

今年もあと1ヶ月!

 

 

23日土曜日京都へ紅葉を見に行ってきました。

ちょっと寝坊して京都駅に着いたのが

10時過ぎ。

バスは長蛇の列、

タクシーは渋滞・・・・だろうと

奈良線で東福寺駅まで一駅乗って

京阪に乗り換えて清水五条まで。

 

奈良線も通勤ラッシュ並みの混雑でしたが、

鉄道を選択したのはきっと正解だったと思います。

 

徒歩で建仁寺へ。

お庭にはまだ青もみじもあって、

今年は気温の高い日が多いので

紅葉はゆっくりのようです。

 

 

 

 

 

 

お昼ご飯は祇園の日本料理店を予約しておきました。

舌も目も楽しませてもらいました。

が混んでいたので2時間のランチ。

 

http://kyoto-gionnanba.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日没まであと3時間!

南禅寺まで歩きました。

ここも大勢の人があふれていますが

わりとすいていた

三門へ登ってみました。

絶景かな〜(^O^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紅葉を撮ろうとみんな必死です!

私のスマホカメラではこれが限界。

 

 

 

 

 

 

ここから永観堂へ向かいましたが・・・

人が歩道にあふれて車が通れません!

3時半に到着しましたが

何と人の多さに入場制限が行われ

昼の部は拝観終了!!!

え〜ここまで来たのにぃ???

諦めきれず門の前にいたら

「北門から夜の部に並んでいただけます」

みなぞろぞろと歩いていきます。

どうしよう・・・

すでに4時前・・・

今日のハイライトはここ永観堂でした。

北門とやらへ行ってみることにしました。

 

 

 

 

 

 

 

北門に沿って境内のもみじがきれいに見えます。

そして列もまだ折り返したばかり。

夜の拝観は5時半から。

あと1時間半・・・

どうする?どうしよう?の声があちこちから聞こえてきます。

夫は待つのは気が進まない様子。

でもやっぱり永観堂に来たのだし

この場所なら夜の部すいているうちに写真も撮れそう。

並ぼう!と決意しました。

地面にパンフレットや地図を敷いて座り

開門を待ちました。

これって・・・・?

そうまるでどこかのテーマパーク!

5時20分予定よりも10分早く

開門しました。

 

 

 

 

わくわくします〜

1時間半待って期待マックス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像以上の景色が広がっていました!

1時間半待った甲斐ありました!

 

一時間ほどライトアップを楽しんだあと

6時半に永観堂をあとにして

近所のカフェに入ると

名古屋から来たというカップルに声をかけられました。

「行ってこられたのですか?」

「ぼくたち今着いたんですが、並んでも入れるかどうかわからない、

と言われて諦めました。これから夕食食べて宿に戻ります」

夜は8時最終受けつけ、閉門9時だったはず。

6時半でもうそんな状態・・・。

恐るべし紅葉の京都!

そこはもみじのテーマパークと化していました。

 

京都や鎌倉

世界ではベネチアやバルセロナなど

増えすぎた観光客=オーバーツーリズム問題が深刻だそうです。

居住者の生活を脅かすほどの観光客が訪れ

何らかの対策が必要だということがよくわかりました。

イタリアの多くの街では

ZTLという居住者・関係者以外の車両侵入禁止地区が設けられています。

生活を守るため、大切な遺跡や住宅を守るためだそうです。

日本も早急な対策が求められてると思いました。


すったもんだありましたが

ゴールはふたり揃ってフィニッシュ!



マラソンのあと

応援に来てくれた友達と

飲みに行った息子


食欲ないわーといつも 

マラソンのあとは食べない夫

夕食はおうどんと

好物の柿の葉寿司ひとつで

おなかいっぱいに


若さの違いだねー


小さい頃は

ふたりのこどもが

25メートル泳げるまで

毎週プールに連れて行ってくれたこと




息子が大学卒業後に

保育士になると言って進学した

専門学校辞めるとき

先生に この先何でも途中で投げ出す

人間になる、と言われたこと


色々なことが

走馬灯のように、、、


さっき息子から夫に

「お父さんと一緒でなかったら 

完走できてなかったと思う。

ありがとう」と

LINEが来たそうです。


神様ありがとうございました。








決戦の朝

ふたりが出発してから

急いで作りました!



夫は自己ベストを諦めて

途中までは息子と走ってくれるみたいですが、、

気温高くなりそうだけど

何とかふたり笑顔でゴールして欲しいです


そういえば今日は夫の誕生日!

ふたりでゴールがプレゼントだね!




PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 介護保険再申請
    beco
  • 介護保険再申請
    Kaze
  • 京都の紅葉
    beco
  • 京都の紅葉
    Kaze
  • 無事完走しました!
    beco
  • 無事完走しました!
    koyoka
  • 無事完走しました!
    beco
  • 無事完走しました!
    koyoka
  • 北イタリアの旅44〜アルプスひとっ飛び〜
    beco
  • 北イタリアの旅44〜アルプスひとっ飛び〜
    koyoka

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM